試験報告書

認定化粧品中のEGF活性の経時変化測定


1 試験名
化粧品中のEGF活性の測定
2      試験番号及び試験報告書番号
試験番号:H-066、試験報告書番号:H報-066-RR(RRは改訂番号)
3      試験依頼者
特定非営利活動法人、日本EGF協会
4  試験期間
2015年5月1日から2015年7月13日
5  試験目的
試験依頼者から入手したEGF含有化粧品について、EGFの活性を測定すること。
6  被験物質
協会認定商品であるエクストラエッセンスを使用した(表 A-1)

 表A-1.被験物質(エッセンス)
本報告書における
被験物質名
エッセンス1
エッセンス2
エッセンス3
エッセンス4
品名
エクストラエッセンス
(EGF不含)
エクストラエッセンス
ロット番号又は
Batch No.
04130-1
LD1
MD1
ND1
製造年月
記載なし
2012年4月
2013年4月
2014年4月
EGF濃度
(添加濃度)
0 ng/mL
167 ng/mL(10μg/60 mL)


7 標準EGF

The National Institute for Biological Standards and Control(以下、NIBSC)から入手したEGFを標準EGFとして使用した(表A-2)。


表A-2.標準EGF
品名
EPIDERMAL GROWTH FACTOR (EGF) Human, rDNA-derived
販売元および品番
The National Institute for Biological Standards and Control(NIBSC)、code: 91/530
ロット番号
記載なし
性状
凍結乾燥物
活性
2000 IU/アンプル
容量
2μg/アンプル
比活性
1.00×106 IU/mg EGF
貯法
-40℃以下の保存を推奨
保存方法
溶解後は-80℃に設定した冷凍庫内で保存



8 活性

標準EGF、エッセンスによるA31細胞の増殖曲線を作成した。概要を表A-3に示す。
標準EGFの増殖曲線から、エッセンスのEGFの比活性の算出を試みた。


表A-3.活性測定条件の概要
測定対象
EGF
細胞
BALB/3T3 clone A31 (RIKEN Cell Bank、Lot.No.015)
測定時の培地
0.5%FBS、ゲンタマイシン10μg/mLを含むMEM
細胞播種密度
2x103 個/well、96 well plate
培養条件
37℃、5%CO2
培養日数
播種後1日に被験物質又は陽性対照物質を含む上記培地に交換して5日間培養
細胞数の測定法
PicoGreen ® dsDNA ReagentによるDNAの定量




9 結果

活性
各エッセンスは、標準EGF濃度と細胞増殖活性(蛍光強度)との関係をプロットした検量線を利用して、
エッセンスの単位液量(1mL))当たりの「見かけのEGF活性」(以下、EGF活性)の算出を試みた。標準EGFの比活性は1×106 IU/mg EGFなので、
1 ng/mL=1 IU/mLとした。
算出したエッセンスのEGF活性は、70〜145 IU/mLで、理論値の41.9〜86.8%であった(表A-4
)。


表A-4.エッセンスのEGF活性
被験物質
EGF活性 (IU/mL)
EGF活性の平均値(IU/mL)
EGF活性の理論値(IU/mL)
製造後期間 (月)
百分率(%)
エッセンス2
試験1
109
145
167
38
86.8
試験2
180
エッセンス3
試験1
59
70
167
26
41.9
試験2
80
エッセンス4
試験1
65
74
167
14
44.3
試験2
83



10 まとめ及び考察
エッセンス中のEGF
EGF活性については、理論値(167 IU/mL)に対して、70〜145 IU/mLであり、製造後の保存期間との間に相関は認められなかった。
38ヵ月の室温保存において、このような活性を維持していることから、エッセンス中のEGFは比較的、安定であると思われた。




このページのトップに戻る