アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士により発見された“上皮細胞増殖因子”のこと。

皮膚の表面にある受容体と結びつき、新しい細胞の生産を促進する、体内で形成されるタンパク質の一種です。
この発見によりコーエン博士はノーベル生理学医学賞を受賞しました。
このEGFが注目を集めた当初は1g 8,000万円という高額なものでした。
その後の研究の結果、十数年の歳月を経てコスト削減に成功し、スキンケアでの利用が可能になったのです。

年齢を重ねるにしたがってEGFの分泌量は減少し、細胞の再生が遅くなり、肌は老化していき ます。
そこでこのEGFを お肌に補給することにより、年齢とともに低下する肌本来の力を助け、 皮膚細胞の新生を
促すことができるのです。
しかもこのEGFは細胞内で飽和状態になった場合、それ以上取り込まれることはありません。
副作用のない安全な成分です。



EGFは新生細胞の成長を平均284%促進することが
確認されています。

アメリカで行われた臨床試験では、EGFを60日間 使用した 後の細胞は、
細胞量を大幅に増加させることが 実証されました。

グラフでは、50歳以上の人々においても、新生細胞の

成長が改善されていることを示しています。


(資料:USPatent #5618544)